交通事故の際に役立つ弁護士費用特約

弁護士費用特約とは?

自動車のドライバーが任意で加入する自動車保険のなかには、対人賠償保険や対物賠償保険といった、基本となる補償内容のほかにも、いくつかオプションとして追加ができるものがあります。そうしたオプションのひとつとして掲げられるのが、交通事故にともなう弁護士費用を保険のほうで負担してもらえるという弁護士費用特約です。

一般的にいって、自動車保険に加入している人が交通事故に遭った場合には、その保険会社のスタッフが相手の保険会社を通じた示談交渉などをサービスとして行ってくれることになりますので、わざわざ弁護士に依頼をする必要はないこともあります。しかし、保険会社のスタッフができる範囲というのは、弁護士法の規定によって限定的なものとなっており、基本的には交通事故の加害者と被害者の双方にいくらかの過失があって、その過失割合を調整することで保険金の金額が変わってくるという、保険金を支払う側としての当事者性が認められる場合のみということになります。したがって、たとえば信号待ちで停車していたところ、後ろから別の自動車に追突されたといった、過失が相手の側にすべてあることがあきらかな交通事故の場合には、示談交渉をする必然性がないため、たとえ何らかのトラブルが発生したとしても、保険会社のスタッフの出る幕はないということになります。

弁護士費用特約の威力とは?

こうした場合に頼りになるのが、法律のプロである弁護士ですが、依頼をするにも着手金、報酬金をあわせてかなりの金額となってくるため、貯金がなければ支払いもむずかしくなってしまいます。そこで、自動車保険による弁護士費用特約がセットされていれば、いざというときの弁護士への依頼のための費用や、その前段で法律相談を受ける費用などが、保険のほうから支払われることになりますので、あわてて資金を準備しなくてもすむというメリットがあります。

弁護士費用特約は、たとえ本人に過失があった場合でも利用することができるという場合が多く、便利なものではありますが、一定の支払い限度額が決められていたり、利用できる回数や条件が別にあったりすることも考えられます。要するに、弁護士費用特約とはいっても、保険会社の各社共通というものではなく、それぞれの会社によって、微妙に内容が違っているということになりますので、契約をする前に、あらためて保険約款の内容をよく確認して、目的に見合ったものであるかどうかを知っておく必要があるといえます。