交通事故の民事裁判に必要な弁護士

交通事故の民事裁判の弁護士

交通事故の民事裁判をおこなうときには、弁護士は不可欠です。本人訴訟というのは考えないことです。他のケースと違い、交通事故はたいへん専門性の高い分野であるため、素人である被害者が太刀打ちできる内容ではありません。加害者側が任意保険に入っていた場合、訴訟の場では任意保険会社の顧問弁護士が相手となります。連日、何年にもわたって交通事故の被害者に対する賠償を取り扱ってきたわけですから、被害者個人で向き合ってかなうわけがありません。法律は、残念なことに弱者の味方というわけではなく、法律を知る者の味方という面が強いのです。裁判員裁判ではありませんし、原則論、法律論として裁判は進んでいきます。
任意保険会社の顧問は百戦錬磨のプロですから、それと渡り合うには、やはりプロ中のプロである交通事故専門の弁護士が必要となります。弁護士は、司法試験に合格した時点では幅広い知識を身につけていますが、その後は専門分野の知識を深めていき、あまり扱わない分野には疎くなりがちです。常に複数の案件をかかえていますから、自分が専門としない分野の知識を深めると言っても、急には難しいことです。ぜひとも、常日頃から交通事故を専門に扱っている法律事務所に依頼することです。そうでないと、相手側の代理人に太刀打ちできません。

弁護士と保険会社との闘い

民事裁判は刑事処分とはまったく別となりますので、不起訴となった加害者の責任も問われます。損害賠償責任ということで、金銭的な賠償にはなりますが、不起訴だから無実という姿勢でいる加害者側の責任を、はっきりさせることができます。ただ、それには法律家の力が不可欠です。被害者個人を相手にした場合の交渉なら、任意保険会社の顧問が出てくるまでもなく、担当者レベルで突っぱね通してくるのが普通なのですから、裁判の場でも似たようなものです。

担当者にも太刀打ちできず、煮え湯を飲まされるケースが大半です。裁判で任意保険会社の顧問が相手となったら、対抗できるものではないのです。意気込みだけでどうにかなる世界ではありません。裁判の進め方や主張のしかたなどは、専門の法律家でないとわからないものです。一般の裁判と違い、高度に専門化した分野です。適切な主張をし、どこをどう指摘していけばいいのか即わかって対応していけるようでないと、不利になります。裁判の場で示せない事柄については、斟酌されることもありません。被害者は法律家に頼るべきです。