頸椎捻挫(むちうち)で後遺障害認定を受けるためのコツ

後遺障害認定とは

交通事故でケガをして治療しても完治しない場合があります。ケガが今以上に回復する見込みがない場合、後遺障害認定を受け後遺障害保険金を受け取ることができます。しかし後遺障害認定を受ける際、残存する後遺障害に見合った後遺障害認定を受けられない場合や、後遺障害認定されない場合もあるのです。そのようなケースを回避するにはどうすれば良いのでしょうか?

後遺障害には1級から14級までの等級に分かれています。等級数字が小さいものが重篤な障害が残存していることになります。受け取れる保険金は等級ごとに設定されたパーセンテージで決まります。後遺障害保険金を受け取るには後遺障害認定を受けなくてはなりません。後遺障害認定を受ける場合、後遺障害診断書を提出します。後遺障害診断書は症状固定してから医師に作成していただくものです。症状固定とは、ケガの症状が安定し、今後治療を行っても医療効果が期待できない状態のことです。症状固定していないのに通院をやめてしまうことのないようにしてください。途中で治療をやめてしまうと後遺障害認定がうけられなくなってしまいます。後遺障害診断書によって後遺障害の等級が認定されます。

後遺障害認定において障害の度合いを数字で確認できないものが、後遺障害認定されない場合が多いです。例えば可動域制限のある障害が残存した場合は、後遺障害診断書作成時の可動域計測で可動域を数字で表せますが、14級の場合は神経症状で「局部に神経症状を残すもの」とされています。この神経症状を残す状態とは、痛みが継続的に残る状態のことです。

頸椎捻挫(むちうち)

頸椎捻挫(むちうち)などで治療していたにもかかわらず、首に継続的な痛みが残っている場合、レントゲン上では何の異常も見らない場合がほとんどです。痛みが残っていることを本人の申告内容によって判断するしかありません。結果、後遺障害認定を受けられない場合も出てきます。後遺障害14級に認定のトラブルは多いです。中には痛みもなく完治しているのに「いつまでも痛くて日常生活にも支障をきたしている」などと虚偽の申告をする人も少なからずいるようなので、保険会社認定も慎重になっています。数字やレントゲンで傷害の度合いが分かるものでも、実はもう少し上の等級の認定を受けることのできるケースもあります。そんな時、自分で保険会社に交渉するのは難しいでしょう。保険会社はいくつもの事例を担当してきていますので知識も豊富です。ですので後遺障害認定については交通事故に強い弁護士に相談するといいでしょう。また自分のケガで残る障害が何級で傷害認定されるのが妥当なのか弁護士に相談することで知ることもできます。弁護士は様々な事案を解決してきたのですから、医学的根拠もふまえ法律の専門家としてアドバイスしてくれるはずです。後遺障害認定適切な後遺障害認定を受けるために一人で悩まず、弁護士の力を借りることが重要だと言えます。