交通事故の示談を弁護士に依頼するメリット

示談交渉とは?

はじめて交通事故に遭ってしまった場合、損害賠償はどうやったら受けれるのか、自分は何をすべきなのか、これからどういう流れで事件の処理が進められていくのか、多くの人は不安になってしまいます。そのような場合には、弁護士に交渉を代理してもらうことがよいでしょう。

交通事故が起こった場合、その多くは加害者と被害者との間で示談交渉が行われ、最終的には加害者が被害者に一定の賠償金を支払うことで、事故の処理が行われます。示談を行わない場合、裁判を起こせば、裁判所の基準によって、加害者に対して賠償金の支払いが命じられることとなりますが、裁判には時間と費用が多くかかりますので、被害者への負担が大きくなります。

交渉に当たって、加害者側は、通常、保険会社の担当者が交渉を行います。保険会社の担当者は百戦錬磨の交渉のプロですので、当然、加害者側の支払い額、保険会社としての支払い額を必要最小限で抑えるよう努力します。被害者側としては、示談経験がないことがほとんどであり、その価格が適正なものなのかどうか判断できません。面倒な交渉から逃れるために示談に応じてしまうこともあります。しかし、交通事故の被害は、時には長期的な後遺症となって現れることもあり、安易に応じてしまうと、その後の治療費等を請求できなくなってしまうこともあります。したがって、そのようなことを防ぐためにも弁護士に依頼することは効果的です。

示談金の相場

交通事故の示談金の相場には、通常、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準という3つの基準があります。これらの中でも、自賠責基準は自賠責保険で支払われる基準で最も低い金額になります。次に、任意保険基準は、加害者が加入している任意保険を基準としており、自賠責基準よりは高くなりますが、裁判基準よりは低い金額になります。

そして、裁判基準は、この3つの中でも最も高額になり、過去の裁判例を基準としたものとなっています。弁護士に依頼をすることで、裁判基準を前提とした交渉を行い、少なくとも任意保険基準よりも多い金額にできる可能性を高めることができ、保険会社の言いなりになることはありません。

また、弁護士に依頼をするメリットとしては、適正な金額を得ることができるということに加え、プロが自分の味方になってくれているという心理的に大きな安心感があります。さらに、面倒な法律的な手続きをすべて代行してくれますので、交渉や手続きに時間を取られることなく、早期に日常の生活を取り戻すことも可能になります。